企業CSR・社会貢献活動

野村ホールディングス株式会社

野村グループは、「For Future Generations(次世代のために)」という目標のもと、本業を通じて、また様々な社員参加型の活動を通じて、次世代を見据えた社会の持続的な発展に貢献しています。日本では、次世代育成として、金融・経済教育のほか、様々な地域貢献活動や東日本大震災に対する復興支援活動に取り組んでいます。

社会貢献活動の方針

重要テーマである教育分野では、金融・経済教育や基礎教育、若者の就職支援など、地域ごとのニーズに応じた活動に社員が積極的に参加しています。
【重点分野】
金融・経済教育、学術支援、文化芸術、国際交流・地域貢献、環境

社会貢献活動

(1)金融・経済教育野村グループは、金融・経済に関する知識と理解が、適切な資産形成のみならず、健全な資本市場の形成にも重要と考え、幅広い世代を対象とした金融・経済教育に、国内でもいち早く、1990年代から取り組んできました。主な活動としては、学習教材の配布、国内外の大学生を対象とした金融教育講座、小中学生向けの出張授業、中学生から大学生までが参加する「日経STOCKリーグ」への特別協賛などがあげられ、全プログラムの受講者は累計68万人以上にのぼります。
(2)被災地でのさくら植樹、自然保護活動野村グループでは、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町の戸花山を桜の名所にしようとする「さくらプロジェクト」を2012年より実施しています。社員の寄付をもとに桜の苗木を寄贈し、年に2回社員ボランティアが全国から現地に集まり植樹活動や遊歩道の整備、山の整地を行っています。私たちはこの地域における植樹・自然保護活動を今後も継続的に支援していきます。
(3)TFT(TABLE FOR TWO)の取り組み野村グループは、2010年よりNPO法人TABLE FOR TWO(TFT)の取り組みに参加しています。TFTは日本で創設され、飢餓や栄養不足に悩む途上国と、生活習慣病や肥満に悩む先進国の「食の不均衡」の解消を目指した社会貢献活動をグローバルに展開しています。当社では、東京、大阪、ロンドンの3か所のオフィスの食堂でヘルシーランチの提供や提携自動販売機でのドリンク販売により、アフリカの子どもたちの給食1食分に相当する20円が寄付されるプログラムを支援しています。野村グループでは、このプログラムを導入して以来、年間約50,000食もの給食を途上国の子供たちに届けています。