企業CSR・社会貢献活動

キヤノン株式会社

キヤノングループは「共生」という企業理念のもと、世界各地でその地域に根ざした社会貢献活動を展開しています。この企業理念は1988年初頭、キヤノン創立51年目のスタートにあたり、創業以来の企業としての考え方をまとめ、掲げたられたものです。この理念は、文化、習慣、言語、民族などの違いを問わずに、すべての人類が末永く共に生き、共に働いて幸せに暮らしていける社会をめざすもので、その実現に向けて、事業活動のみならず、様々な社会文化支援活動に積極的に取組んでいます。

社会貢献活動の方針

キヤノンの社会文化支援活動は、企業理念である「共生」のもと、人道・災害、環境保全、社会福祉、地域社会、教育・学術、芸術・文化・スポーツを主な分野として、地域に沿った活動をグローバルに展開しています。援助を必要としている人々や団体への継続的な支援、多様な価値観・知識を持つ団体をパートナーとした幅広い支援、そしてキヤノンが培ってきた資源(人、資金、施設、技術ノウハウ)の有効活用をめざしています。
【重点分野】
人道・災害、環境保全、社会福祉、地域社会、教育・学術、芸術・文化・スポーツ

社会貢献活動

文化財未来継承プロジェクト(愛称:綴プロジェクト)日本古来の貴重な文化財を最新のデジタル技術でデータ保存し、オリジナルの文化財を後世に継承すると同時に、オリジナルに限りなく近い複製品を完成させ、複製した作品を一般に広く公開することを目的とした「文化財未来継承プロジェクト(愛称:綴プロジェクト)」を、財団法人 京都国際文化交流財団とともに行っています。
ジュニアフォトグラファーズ写真撮影を通して、子どもたちの環境に対する意識を高めるとともに、発見や感動を表現するプロジェクトです。小さな自然が息づく都会や、緑が豊かに広がる地域に赴き、教育機関や地域の方々と協働しながら開催。 2004年のスタート以来、約1万3,000人の参加人数を重ね、参加地域も北海道から沖縄まで全国に広がっています。
光のじっけん室子どもたちが楽しみながら学ぶ場を提供し、科学や技術へ関心を持つきっかけをつくることを目的に、科学技術館(東京都千代田区)において子ども向けの実験プログラム「光のじっけん室」を開催しています。このプログラムは、キヤノンと科学技術館が共同で開発したもので、キヤノンの製品にも使われている「光学技術」をカメラの歴史やさまざまな実験を通して分かりやすく説明しています。
福島コミュニティサポート「福島コミュニティサポート」は、地域の社会福祉協議会等と連携し、仮設住宅や借り上げ住宅などで暮らす方々のコミュニティづくりを応援する活動です。具体的には、社員やOBが講師となった写真教室や交流会などを行うことによって、写真を通して、参加者同志がふれあえる場を提供しています。